カタカナ英語撲滅講座

トルコ=※※※!日本の言い方と全然違う国名5選

こんにちは、コウタ(@kotaxi_garden)です。

まずこちらの例文を見ていただきたいと思います。

Taro
Taro
I took a trip to キプロス last week, it was amazing!

Mike
Mike
What!? Where is キプロス!? Is that a name of country?

”キプロス”というのは地中海に浮かぶ島国の名前です。

日本ではこう呼びますし、地図にもそう記されていますが話し相手のマイクには”キプロス”が通じませんでした。

しかし決して彼がキプロスを知らなかった訳ではありません。

では、なぜ彼に通じなかったのか…?

コウタ
コウタ
日本語と英語の呼び方が全然違うからなんです!

そりゃ名前が全然違うんですから伝わらないのも同然ですよね。

キプロスやイギリスをいい例に、そのまま言っても全く通じない国名がたくさんあるんです。

そんな中でも、特に言葉が異なる国名5選を今回ご紹介します。

この記事を読み終わる頃には地理の知識が以前よりもグンと増え、英語で説明できるようになっているでしょう。

キプロス

This image has an empty alt attribute; its file name is cyprus.png

地中海に浮かぶ小さな島国”キプロス”

こちらを英語で書くと、Cyprus ”サイプロス”と読みます!

ですが、キプロスの言葉では”キプロス”と呼ぶみたいなのでもしキプロスの方に会ったら”キプロス”でオッケーです。

ウクライナ

This image has an empty alt attribute; its file name is ukraine.png

ロシアやベラルーシと隣接している東欧と北欧の間に位置する”ウクライナ”。

こちらを英語で書くとUkraine”ユクライン”と読みます!

ちなみに、ウクライナもウクライナ語の発音で言うとほぼ”ウクライナ”です。

トルコ

This image has an empty alt attribute; its file name is turkey.png

どこまでも伸びる”トルコアイス”で有名なトルコこちらを英語で書くと

Turkey”ターキー”と読みます!

これは七面鳥を表すターキーと全くスペルと読み方が一緒なので間違えないよう気をつけたいところです。

ニジェール

This image has an empty alt attribute; its file name is niger.png

最近はあまりテレビで見かけなくなりましたが、タレントのボビーオロゴンの出身国”ナイジェリア”のちょうど真上に位置するのが”ニジェール”

これを英語で書くと”Niger”

ローマ字っぽく読んだらニジェールですが、英語での読み方は”ナイジャー”です。

ヨルダン

This image has an empty alt attribute; its file name is jordan.png

塩分が濃すぎて誰でも浮くことができる”死海”で有名なヨルダン。

こちらを英語で書くと、“Jordan””ジョーダン”と読みます。
人の名前みたいですね。

まとめ:日本では現地の言い方で国名が呼ばれることが多い

ここまでの内容をおさらいしておくと

日本と言い方が異なる国名

  • キプロス=サイプロス
  • ウクライナ=ユクライン
  • トルコ=ターキー
  • ニジェール=ナイジャー
  • ヨルダン=ジョーダン

といった感じです。

いかがでしたか?

あまり国名に触れる英語の授業が無いと思うので”こんなの知らなかった!”って方も多いのではないのではないでしょうか?

これらの知識が今後の英語学習に役立ってもらえれば幸いです。

ではでは。