日本の学校では教えてくれないシリーズ

英会話力だけを上げたいならTOEICは不要です【実用的な試験をご紹介】

英語話せるようになりたいけど、どうやって勉強したらいいか分からない。
とりあえずTOEICやればいいのかな?でも良い点数取っても話せるようにならないって聞くしなぁ…

こんにちは、コウタ(@kotaxi_garden)です。

英語を勉強する際、それぞれ理由があると思います。

通訳に頼ることなく自由に海外旅行してみたい

昇進や就活のためにTOEICの点数が必要

洋画や海外ドラマを字幕無しで観れるようになりたい

などなど、それぞれのゴールは異なっていることでしょう。

そこで、今回は

何で英語を勉強したい?

  • 通訳に頼ることなく自由に海外旅行してみたい
  • 洋画や海外ドラマを字幕無しで観れるようになりたい

などの日常英会話をゴールとする方のための記事です。

日常会話を鍛える人は英検を勉強すべし

日常英会話能力を効率よく上げたいあなたに僕がおすすめしたい勉強

それが

「実用英語技能検定」

いわゆる「英検」です。

最近はTOEICばかり目を向けられがちですが、今も英検はとっても為になる検定ですよ。

なぜ英検が日常英会話にうってつけなのか?

皆さんご存知の通り、TOEICは主にビジネスで使う英語を扱っています。

日本語でも、お仕事で使う言葉日常で友達同士で話す言葉

全然違いますよね?

これは英語でも同じことが言えるんです。

メールなどお仕事で英語を使う場合は問題ないでしょうが、旅行やフランクな会話で英語を使うとなるとかなり厳しいでしょう。

TOEICで高得点が取れても全然会話が出来ない方が多いのはこれが1番の原因だと思っています。

そもそも扱う語彙の種類が違うから、分かるはずがないんです。

その”分からない部分”を補っているのが英検の良いところ。

実はコスパが良すぎる英検

英検って実はめちゃくちゃコスパの良い試験だってことにお気づきでしょうか?

こちらが、2019年4月6日現在の英検の受験料です。

最も高い1級でも9,500円です。一見高く見えますが、4技能(リーディング&リスニング&ライティング&スピーキング)を評価してもらえるという点ではかなりコスパが良いんです。

他の試験と比べてみましょう。

他の試験で4技能を受けた場合

  • TOEIC(R&L+S&W):5,725円 (税込)+10,260円(税込)
  • TOEFL iBT :235米ドル
  • IELTS :25,380円(税込)

このように、4技能を試験で受けようとしたら普通は高額になってしまうので英検はかなりコスパが良い試験と言えます。

とりあえず準一級を目指そう

そこそこ英語ができる人も、英語初心者の人も、準一級を最終目標で勉強すると良いです。

1級まで取ろうとするとかなりの時間と労力を要しますし、語彙がもはやマニアの域なのでそこまでやる必要はありません。

準一級を取れるレベルになるとボキャブラリーはほぼ困らないので、あとはどんどん自分で話して身につけていきましょう。

おわりに

僕はTOEICが800点を超えてきた頃に英検準1級の勉強し始めました。

当時自分の英語には自信があったのですが、出てくる単語がほとんど分からない&知らないものばかりでした…

多くの大学生と同じように僕も最初TOEICばかり勉強していた身なので、英検のおかげで”TOEICだけが全てじゃない!”と気づくことができました。

就職・転職の為でなく、”何となく有名だから&みんなやってるから”という理由でTOEICの勉強をしている方は、今すぐTOEICの勉強をやめましょう。

英検の勉強をした方が間違いなく日常英会話の語彙は身につきます。

余力が出てくればTOEICの勉強もしてみましょう。やはり両方やるのが1番良いです。

そうすれば、仕事でも・日々の生活でも全く困らない英語力を身につけることができます。

英検のリンクはこちらから!

ではでは、素敵な英語ライフを。