就活見聞録

「やりたいことが分からない」人ほどOfferBoxを利用すべき【タダ飯タダ酒GET】

 

 

「就職活動を始めよう!よく色々な業界を見ろって言われるけど、どれから見たらいいか分からないよ…リクナビやマイナビは載っている企業多すぎて有名な会社しか見る気起きないし…何か良い方法無いかな?」

 

今回はこんな疑問にお答えします!

 

※この記事を特にオススメしたい人

・やりたいことが分からない

・どうやって就活を進めたらいいか分からない

・リクルートスーツ着たくないし、手書きの履歴書面倒くさい

・リクナビとかマイナビは企業の数が多すぎて使う気になれない

 

僕は就職活動を一通り経験しましたが、リクナビやマイナビはほとんど使っていません

(良品計画のインターンの応募がリクナビからしかできなくて、その時1回だけ使いました笑)

それに加えて、手書きの履歴書を書かずに&リクルートスーツを着ずに就活することができました。

結果として僕は海外で就職する道を選びましたが、日本で就職するにしても常識とされているリクルートスーツ&手書き履歴書を避けて就活することが
できました。

今回はその方法の一つとして、Offer Boxという無料サービスをご紹介します。

 

Offer Boxって何?

 

 

Offer Boxというのは『逆就活サービス』の一つです。

 

通常なら、

就活生が行きたい企業を探す

書類選考から応募

という流れが一般的な就活ですが、

 

Offer Boxはこの真逆で、

企業が雇いたい学生を自らオファー

書類選考免除など、優遇されるポジションからスタート

ということができるんです!

 

日本にはおよそ170万もの会社があると言われており、この中から自分に合う1社を1年弱で探し出すのはほぼ不可能に近いです。

ですので、「あなたを雇いたい!」って言ってくれる企業から就職先を選ぶのが就活を効率よく進めるポイントですね。

運良く自分に合う企業から内定をもらえたら3月より前に就活を終わらせることも全然可能なので、4年生の一番自由な時間を多く確保しましょう!

 

 

実際に社会人に会ってみよう!

 

Offer Boxに登録したら、まずプロフィールをかけるだけ多く書いてください。

たくさん書くと、それだけ人事さんがあなたのことを知ろうとしてくれますし実際会う時の話のネタにもなるのでプロフィールは埋めれるだけ埋めておきましょう。

プロフィールをちゃんと埋めた人にはOffer Boxからイベントの招待が届いたりします。

無料で企業の人とお酒を片手に話せる立食パーティーもあったりと、かなり充実しています。

プロフィールを埋めてWebで適正検査を受けて、あとは待つだけです。早ければ1週間弱で企業からオファーが届きます。

最終ログインがいつか企業側から見れるようになっているのでログインだけは必ず毎日しておきましょう。

放置しすぎると「この人あんまOffer Box使ってないな」と思われてオファーが届きにくくなる可能性があるので注意してください。

時期にもよりますが、オファーが来ると人事さんから「カフェでざっくばらんにお話しませんか?」など連絡を頂けます。

僕も実際にオファーを受けましたが、カフェで人事さんと二人きりで1~2時間ほど話ができます。

単純にその企業や業界のお話を聞いてもいいですし、就活を何から始めたらいいか分からない人は人事さん自身がどんな就活をしてたかとかも全然聞いてOKです。

こんな良い機会あまりないので、“ざっくばらん“に何でも聞いて採用が本格化する前に就活の疑問点は無くしていきましょう。

ちなみに僕は19卒で、Offer Boxを使い始めたのが2017年10月頃。

採用もまだそこまで活発に行っておらず、人事さんも時間に余裕がありました。

選考の時期が近づいてくると説明会や選考のオファーしか来なくなるので今のうちに始めましょう。

 

オファーを受ける際に注意すべきポイント

 

よっぽど酷いプロフィールじゃない限り、どこかしらの企業からはオファーが必ず届きます。

そこで受けるべき&拒否すべきオファーを僕の経験からお伝えします。

まずは受けるべきオファーから。

受けるべきオファー(例)

德永さんこんにちは!株式会社~の~と申します。
カンボジアやニュージーランドでのご経験、すごく素敵だなと思い連絡させて頂きました!
是非ともあなたのグローバルなところを弊社で存分に活かせてもらえたらいいなと考えております。
もしよろしければ、カフェでざっくばらんにお話しませんか?
私も弊社の魅力を德永さんに伝えられたらと思います。

オファー承認、お待ちしております!

 

何より一番大事なポイントは、
ちゃんとプロフィールを読んでメッセージを作ってくれてる
かどうかです。

あなたのことに興味がある人事さんほどしっかりとあなただけの為に文章を書いてくれているのできちんと見極めましょう。

一方で、拒否してもいいオファーはこんな感じです。

 

拒否すべきオファー(例)

德永 さんこんにちは。株式会社~の~と申します。
あなたのプロフィールを拝見し、ご連絡させて頂きました。

弊社は~~(企業説明)

ポイントは
コピペして誰にでも送れそうなメッセージ」かどうかです。

こういうメッセージの場合は、残念ながら人事さんはあなたのプロフィールをさほど読んでない可能性が高いです。

実際にこういうメッセージを送ってきた人事さんに会いましたが、プロフィールに書いてることと全くひねりも無く同じことを聞かれたりしました。

部活の事をすでにプロフィールで書いてるのに、わざわざ「部活は何やってるんですか?」と聞いてきたり。

読んでないのが丸わかりですね…何でオファー送ってきたんだろう…

以上のように、一生懸命企業に会う学生を探そうとしている人事さんもいれば、適当にオファー送りまくって数だけ集めてる人事さんもいます。

今は超売り手市場で、学生にとっては有利でしかないのでしっかりご自身にピッタリな企業を見つけましょう!

Offer Boxはこちらから!