カンボジア

お札が破れてしまった…どこで交換してくれる?【カンボジア】

こんにちは、コウタ(@kotaxi_garden)です。

ある日、財布からお札を取り出そうとしたら…

5ドル札が破れてしまいました…財布のチャックに引っかかってしまったようで、帰らぬ姿に…

日本だったら銀行や郵便局に行けばすぐ新しいものに替えてくれるのですが、カンボジアではどうなのでしょうか?

  • カンボジア人のお金の扱い方
  • どこでお金を替えてくれるのか

この辺りについて説明していきます。

カンボジアで使えるお金

カンボジア国内で使える通貨は

米ドル

リエル(カンボジアの独自通貨)

地域によってはベトナムドンも使えたりしますが、ここでは主に2種類に絞ります。

カンボジアには「リエル」と言う独自通貨がありますが、貨幣価値があまり無い為米ドルがメインに使われています。

何かを支払う時は基本米ドルを使うので、「リエル」を用意する必要はありません。米ドルが使えるのはカンボジアの大きなメリットですね。

1ドル未満の細かいおつりなどは「リエル」で返ってきます

貨幣価値が低いゆえリエル→外貨に換えられないので、なるべくリエルから使うようにしましょう。

リエルは全てお札なので、カンボジアでは使えるお金はお札のみです。コインが無いのでお財布の中がスッキリしますね。

カンボジア人のお金の扱い方

カンボジアの文化?かどうか分かりませんが、「財布にお金を入れる」と言う習慣はあまりありません。

お金をズボンのポケットに入れる人が多く、どうしてもお札が傷みやすいんですよね。

なので、カンボジアでお金を受け取った時にちょっと切り込みが入ったお札を受け取ることもあるかと思います。

そんな時は必ずその場でお札を綺麗なものに換えてもらいましょう。

と言うのもカンボジアでお金を支払う時、お札のコンディションをやたら気にします。

ちょっとお札が切れているだけで受け取ってくれない人が多いんです…

日本ではありえないのですが、たまに落書きされたお札もありそれも受け取ってもらえない事が多いですね…

そんな文化の中でこの破れたお札は、価値が無いのと同じなんです。お店で受け取ってくれる人なんてまずいません。

価値が無いからといって捨てるのはやはり勿体無い。そこで何とかしてお金としての価値を取り戻すための方法をこれから説明します。

銀行では破れたお札を換えてくれる?

日本でお札を換えてくれる場所として真っ先に思いつくのが、まず銀行。

モバイルアプリが充実していて、「便利すぎる」と評判のABA BANKに行ってきました。日曜日でも開いてるので利便性スーパーグッドです。

銀行口座を開設したついでに、破れたお札を交換できるか聞いたところ

銀行スタッフ
銀行スタッフ
銀行ではお札の交換はできないですね…どの銀行さんでも同じ対応をされるかと思います。

「銀行ではお札の交換はしてくれない」との噂は少し聞いていたのですが、実際に行って聞いてみてもダメでした。

するとちょうど横にいたおじいちゃんが

外貨の両替所だったら換えてくれるよ!

と教えてくれたので、早速行ってみることに。

両替所で破れたお札を換えてくれる?

プノンペンでいうと、この赤線の道路沿いに外貨の両替所が数軒あります。レートも良いと評判なので、両替する時はぜひこの辺りでするかと良いと思います。

シェムリアップなど別の都市でも、やり方は同じなので近くの両替所を探してみましょう。

破れたお札を交換する際は手数料がかかるそうなので、お店によって手数料が変わるかどうかも数軒調べてきました。

1軒目:Lay Ty

こちらの両替所は、手数料が2ドル。

なので3ドル返ってくることになります。意外と高い…

 

2軒目:Ly hour Exchange

こちらの両替所での手数料は10000リエルでした。

基本は

1ドル=4100リエル(ローカルのお店ではお釣り計算が面倒臭いので4000リエルの場合が多い)

なので、ドル換算すると2.4ドルほど。

1軒目とかなり違いますね…!

3軒目:Lao Unly Exchange

3軒目のこちらのお店では、手数料が2.5ドルリエルではなくドルで言われました。

2軒目より若干高いですが、1軒目で交換するのが一番良さそうです。

お店によって値段や通貨が変わるのは面白いですね。

※こちらのお店はグーグルマップに出てきませんでした。217番通りのバイクショップの隣にあります。

まとめ

無事1軒目のTay Lyで交換して、破れた5ドルがお金としての価値を取り戻しました。

カンボジアではくれぐれもお札の扱いにはお気をつけください…!

もし破れてしまった方のために僕の記事が役に立てば嬉しいです。

ではでは、素敵なカンボジアライフを。